【2019年最新】おすすめドッグフードランキング!国産も徹底解説!

ドッグフードのおすすめって?

この度は、「みんなのドッグフード」にお越しくださり、ありがとうございます!

当サイトでは、安全な無添加ドッグフードを選ぶには、どうすればいいのか?という疑問からおすすめのドッグフードをランキング形式でご紹介しています。

日本国内で販売されているドッグフードって、本当に数えきれない種類があって、実際どれを購入すればいいのか・・・?分からなくなりますよね。。。

例えば・・・下記のような事を思ったことはありませんか?

  • 愛犬にも、安全な食事(ドッグフード)で健康を維持してほしい!
  • ドッグフードの口コミを見ていると、逆に迷ってしまう!
  • 無添加で安全なコスパが良いドッグフードがあればいいのに!

当サイト「みんなのドッグフード」編集長の私も、犬と生活している一人なんですが、上記の内容を感じていました!やっぱり、安全で安い無添加のドッグフードがあれば最高なんですけどね。。。

そこで、「犬の健康維持の為にはどんなドッグフードを選べば良い?」や「高すぎず続けやすい安全なドッグフードを選ぶ基準とは?」を徹底的に考え、当サイト安全比較基準を基におすすめのドッグフードをランキング形式でご紹介しています♪

それでは、愛犬が元気に長生きできるように、おすすめドッグフードや選び方についてお教えしていますので、参考にしてみてくださいね。

\先におすすめドッグフードを知りたい人はこちら/
おすすめドッグフードランキング

Contents

そもそも、安いドッグフードでおすすめってあるの?

安いドッグフードにはおすすめはない?

よく「安くておすすめの犬の餌ってある?」という質問が多いのですが、安全性が高い良質なフードにもコスパが良いおすすめのドッグフードはあります!

しかし「市販で売っているドッグフードの安いおすすめを教えて!」と言われると、見つけることは困難な場合がほとんどです・・・。

市販で購入できるドッグフードは、2kg1,000円以内の安い商品も多くて買いやすいですよね。しかし、原材料をみていると「主原料に穀物・粗悪な人口添加物・不明な肉類」など危険と判断するフードが多くおすすめできないです。

ただ、激安で安く購入できるドッグフードが必ずしも悪いという事はありません。では、安く販売しているドッグフードの理由は、「賞味期限が短い!」「リニューアルによってセール!」などの場合もあるので、一概に安いドッグフードが危険ということにはならないです。

実は、安いドッグフードの中には「並行輸入品」と言って、個人業者が直接輸入したフードを激安販売している事があります。

経済的に楽という事がありますが、並行輸入品のドッグフードを購入して、何らかのトラブル(リコール・賞味期限が短すぎる・パッケージ破損etc・・・)に有っている人も多いのも事実です。

なので、当サイト「みんなのドッグフード」では、「コスパが良く・粗悪な原材料を使わない」犬の健康維持をサポートするドッグフードを紹介しています!

並行輸入品の見分け方は、英語などのパッケージの上に、日本語のラベルを記載したシールが張られています。

日本で販売している輸入品のドッグフードは、日本語パッケージになっていることがほとんどなので、「正規品or並行輸入品どっち?」と心配になった場合は、購入店に確認してから申し込みをするようにしましょう!

おすすめドッグフードは5つのポイントで選ぶ!

5つのポイント 注意点 見分けやすさ
主原料 原材料表示の1~3番目に使われている食材を確認する!
添加物 酸化防止剤などに使われている人口添加物を確認する!
グレインフリー 主原料に多く使われている場合はかなり注意!
コスパ 1日のコスパが続けやすいドッグフードを探す!
安全性 原材料や添加物で危険性が少ないドッグフードを選ぶ!

1、ドッグフードの主原料をしっかりと確認する!

主原料の3つをしっかりと確認する!

主原料とは、ドッグフード内で一番多く使用されている食材の事で、原材料の1~3番目までに記載されている食材です。そして、この3つの原材料を見ると、ドッグフードの良し悪しを判断することができます!

健康維持をサポートするドッグフードの主原料でおすすめの食材とは、良質で新鮮な肉です!さらに、その肉の含有量をきっちり提示してくれていれば、ドッグフードを判別する材料としても理想的です。

例)良質なチキン&サーモンを56%使用(モグワンの場合)

その他にも、ラム肉・鹿肉・アヒル肉・ニシン肉などを主原料に使ったドッグフードがあります。

このように表示されていれば、文句ありませんね!重要な知りたい情報が明確に分かるので良質なドッグフードを選びやすいですね♪

2、危険な添加物を使用していたら違うフードを選ぼう!

おすすめされているドッグフードの人口添加物をチェック!

安全性を重視しているのであれば、危険な成分を使用していないドッグフードを選ばなければなりません。その為に、下記の合成化学物質(危険成分)を参考にして、使われていないドッグフードを選びましょう。

合成化学物質一覧

BHA(ブチルヒドロキシアニソール)、BHT(ブチルヒドロキシトルエン)、エトキシキン、プロピレングリコール、亜硝酸ナトリウム、没食子酸プロピル、セレン化合物、安息香酸類、ソルビン酸カリウム、プロタミン、ポリリジン、グリシリジンアンモニエート、ソルビトール、二酸化チタン、着色料(赤色2号、赤色40号、黄色4号、青色2号、赤色3号、赤色105号、青色1号、青色102号、青色5号、黄色6号など)

3、消化を妨げたりアレルギーになりやすい穀物にも注意!

穀物や粗悪な原材料もしっかりとチェックする!

穀物は、犬にとって不必要な食材!と言われているサイトもありますが、絶対ダメだという事はありません。しかし、小麦などのグルテンやトウモロコシ・大豆・白米は、食物アレルギーを引き起こしやすいので注意してください。

また、粗悪な肉類を使用しているドッグフードでも、アレルギーを引き起こしたり、病気になりやすいリスクがある事も覚えておきましょう!

しかし、大麦などアレルギーを引き起こしにくい穀物もあります。これらは、ビタミンやミネラルを摂取する為に使用しているドッグフードで安全性は高いです。

穀物や粗悪な肉類一覧

穀物など好ましくない原材料
小麦、小麦胚芽粉、トウモロコシ・コーングルテンミール、トウモロコシ粉、大豆、大豆ミール、コーンブラン、白米、ビートパルプ、砂糖、セルロースなど

 

4Dミートや副産物などの好ましくない原材料
家畜ミート、ミートパウダー、ミートミール、ミートエキス、動物性油脂、肉類(鶏・魚など)の副産物、肝臓腺粉、動物性乾燥消化物、○○の消化物、○○の粉、乾燥レバー消化物、あらびき粉、ボーンミール(骨粉)、獣脂、家畜油脂など

4、購入価格が続けやすいコスパのドッグフードを選ぶ!

おすすめでもコスパがいい続けやすいドッグフードを選ぶ!

ドッグフードに使用されている原材料についてお話してきました。安全性を重視しているドッグフードだとコスパが悪いと思いますよね。。。

しかし、良質な高級ドッグフードであっても、コスパを抑えた続けやすいドッグフードもあります。そこで、当サイト「みんなのドッグフード」では、コスパが良く、安全性を重視したおすすめドッグフードをランキング形式でご紹介しています。

5、安全性を重視したおすすめドッグフードの見極め方!

安全性を重視したおすすめドッグフードの選び方!

安全性を重視したドッグフードは、今までお教えしてきたドッグフードの選び方を参考にしてもらうと完璧ですね!

  1. 主原料(良質な肉類)
  2. 添加物(無添加がおすすめ)
  3. グレインフリー(グルテンフリーでもOK)
  4. コスパ(1日の食費が150円~250円まで!)

が理想です!この4つのポイントを押さえたドッグフードであれば、続けやすく、愛犬の健康維持をサポートしてくれる食事ですね♪

編集長サトミ
編集長サトミ

次からは、目的別におすすめのドッグフードをランキング形式でご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

口コミで人気!7つの目的別ドッグフードおすすめランキング

目的別 選ぶポイント 口コミ関心度
総合ランキング 粗悪な添加物不使用で、グレイン&グルテンフリーのドッグフードを選ぶ。
国産 国産の食材を使用した、日本国内で製造されているドッグフードを選ぶ。
子犬用 成長期の子犬に必要な高タンパク質・高カロリードッグフードを選ぶ。
老犬・シニア犬用 高齢犬の生活環境を考慮した、高タンパク質・低脂質のドッグフードを選ぶ。
アレルギー対策 食物アレルギーになりにくい食材や、グレインフリー無添加で選ぶ。
低脂肪 ダイエットや高齢犬には低脂肪・低カロリーのドッグフードを選ぶ。
缶詰・半生タイプ 缶詰・ウェット・半生は水分量が多い。無添加でヒューマングレードを選ぶ
涙やけ対策 涙やけ対策として老廃物を溜めにくいドッグフードを選ぶ

※上記の目的別をクリックして頂くと詳細に移動するので先に気になる人はクリックしてみてください。

ここからは、目的別におすすめのドッグフードをランキング形式でご紹介しています。国産ドッグフードなのか?総合的におすすめはどれ?子犬に与えるドッグフードって?など、目的別によりベストな商品をご紹介しているので参考になれば幸いです!

無添加ドッグフードの人気おすすめランキング【ベスト10】

人気ドッグフードおすすめ総合ランキング10選!
ドッグフード 穀物・添加物 国産原材料 コスパ 生産国
1位 モグワンドッグフード イギリス
2位 カナガン イギリス
3位 このこのごはん 日本
4位 ブッチドッグフード ニュージーランド
5位 ナチュロル 日本
6位 ファインペッツ オランダ
7位 いぬはぐドッグフード イギリス
8位 馬肉自然づくり 日本
9位 アランズ イギリス
10位 アカナ カナダ

粗悪な人口添加物が無添加の安全性が高いドッグフードをランキング形式でご紹介しています。ランキング基準は、「総合的に安全性が高い」「人口添加物は不使用」「グレインフリー&グルテンフリーである」を基準に比較した結果になります。

また、おすすめできるドッグフードでも、コスパが悪く続けにくい場合はマイナス評価としています。なので、安全性が高く栄養バランスも評価できる商品を厳選して、続けやすいコスパの安いドッグフードの方が評価は高くなります。

1位 モグワンドッグフード
モグワンランキング
モグワンは、主原料に「チキン&サーモン」を56%も使用している動物性タンパク質が豊富なドッグフードです!また、香料・着色料不使用やグレインフリーにもこだわりを持っていて、炭水化物源には野菜やフルーツなどを使用したヘルシーさがおすすめです。そして、手作り食をもとに考案されたフードで肉と野菜にはヒューマングレードな食材を使用しています。さらに、これだけの内容でコスパは1kgあたり1,980円と続けやすいドッグフードです!今なら、モグワンが初回半額で購入できるキャンペーン中です。この機会に一度試してみてもらいたいですね♪
総合評価
人口添加物 無添加(グレイン(穀物)・着色料・香料・遺伝子組み換え原材料不使用)
穀物 グレインフリー
対応年齢 生後4か月~
価格 通常価格 3,960円(1.8kg)
定期価格 3,564円(1.8kg)
初回半額 1,980円(1.8kg)キャンペーン中!!

詳細ページ公式ページ

2位 カナガンドッグフード
カナガンランキング
カナガンは、チキンを主原料とした動物性タンパク質が豊富なドッグフードです。この良質で豊富なチキンのアミノ酸が身体をサポートしやすいですね!とくに、1回の散歩で40分~1時間歩く子や、ドッグランなどでしっかりと運動している犬にもおすすめの内容です。また、タンパク質と炭水化物のバランスが適正で健康的な身体をサポートしやすいドッグフードで、野菜やハーブなどヘルシーな食材も使用されています。カナガンは、全年齢ではありますが、成長期の子犬から運動量が多い成犬におすすめですね!
総合評価
人口添加物 無添加(グレイン(穀物)・着色料・香料・遺伝子組み換え原材料不使用)
穀物 グレインフリー
対応年齢 全ライフステージ用
価格 通常価格 3,960円(2.0kg)
定期価格 3,564円(2.0kg)

詳細ページ公式ページ

3位 このこのごはん
このこのごはん
このこのごはんのドッグフードは、国産の食材をメインに日本生産で安全性が評価されて人気急上昇中です!また、このこのごはんは、小型犬に特化したドッグフードで、日本で飼われている室内犬に合うように小粒タイプで、粗悪な穀物不使用のグルテンフリーとなっています。食べっぷりが良いと評判で食いつきが悪い犬にも試してみたいですね。毛艶や涙やけ、便などの健康維持をサポートする原材料で国産ドッグフードの中でも特におすすめしたいフードですね!さらに、只今お試しキャンペーン実施中なので、通常の15%OFFで購入できるチャンスですよ♪
総合評価
人口添加物 無添加
穀物 グルテンフリー
犬種・年齢 小型犬・全年齢
価格 通常価格 3,500円(1.0kg)
定期価格 2,980円(1.0kg)送料無料・2回目以降も15%OFF・解約自由

詳細ページ公式ページ

4位 ブッチドッグフード
ブッチドッグフードランキング
ブッチドッグフードは、ミートフードという半生タイプで嗜好性が高く、偏食気味の犬やご褒美としてもおすすめです!無添加でグルテンフリーで3種類の肉別に選ぶ事ができるところも、愛犬の好みに合わせれるのでうれしいですね!また、ブッチは製造環境が非常に厳しいニュージーランドで作られているので安全性が非常に高いです。現在、初回お試しができるトライアルセットが3,000円(3種類×800g)で申込できるので、この機会に試してみてはいかがでしょうか!
総合評価
人口添加物 無添加
穀物 グルテンフリー
対応年齢 全年齢
価格 通常価格 1,404円(800g)
通常価格 2,808円(2.0kg)
トライアルセット 3,000円(800g×3本)

詳細ページ公式ページ

5位 ナチュロルドッグフード
ナチュロルドッグフードは、国産でも珍しいグレインフリーとなっています。主原料の肉類は、牛肉・鶏肉・馬肉・魚肉の4種類で、馬肉以外は国産の肉を使用しています。また、オリゴ糖や乳酸菌なども配合しているので、お腹の弱い犬から老犬まで安心して与えることができますね!ただ、脂質が少し低いので、毛並みや毛艶のサポートしたい場合には亜麻仁油などのトッピングをしてあげた方がいいです!只今、定期コースでお申し込みすると、100円の食いつきチェックと全額返金保証付きなので、お試しするチャンスですね!
総合評価
穀物 グレインフリー
対応年齢 全年齢
価格 通常価格 3,000円(850g)
通常価格 6,000円(850g×2袋)
定期価格初回 100円(30g)
定期価格2回目以降 4,980円(850g×2袋)

詳細ページ公式ページ

6位 ファインペッツ
ファインペッツランキング
ファインペッツドは、鹿肉・チキン・鮭肉がメインの複数の肉を使用したプレミアムドッグフードです。ファインペッツの特徴は、中国原材料を一切使用しないこだわりがあります。さらに、品質管理がしっかりとしている中国製の食材であっても、絶対に使わないという頑固ではありますが、安心できるメーカーですね!初回お試し購入も用意されているので、1.5kgの通常容量が1,000円で注文することもできます。そしてファインペッツの高級グレードの極シリーズも同じお試し価格で始めることが可能なので、一度試してみてもいいですね!
総合評価
穀物 グルテンフリー
対応年齢 全年齢
価格 通常価格 3,394円(1.5kg)
お試し価格 1,000円(1.5kg)

公式ページ

7位 いぬはぐドッグフード
いぬはぐドッグフードランキング
いぬはぐドッグフードは、愛犬のお腹の事を考えた胃腸に優しい原材料成分です。なので、お腹の調子を整えることで、愛犬の健康維持をサポートしてくれます。さらに、危険な添加物は不使用で、グルテンなどの穀物も使用していません。また、いぬはぐには乳酸菌やオリゴ糖を配合してくれているので、免疫サポートや体力維持におすすめですね!しかし、健康維持を目的としているので、価格は高いところはデメリットとなります。お腹の調子をサポートしてあげたい人は、初回お試し限定の980円で購入できるので利用してみてくださいね!
総合評価
人口添加物 無添加
穀物 グルテンフリー
対応年齢 全年齢
価格 初回お試し980円
通常価格 6,980円(1.5kg)
定期価格 2,480円~(1.5kg)2回目以降1,000円OFF・送料無料

詳細ページ公式ページ

8位 馬肉自然づくりドッグフード
馬肉自然づくりランキング
馬肉自然づくりは、原材料も製造も国産のドッグフードです。本場熊本の馬肉を製造しているメーカーが、新鮮な馬肉のあまり(人間も食べれるヒューマングレード品)を使用した、高品質のドッグフードです。ただ、穀物を使用しているので、それらでアレルギーを引き起こす可能性がある愛犬には、与えることができないので注意してくださいね!しかし、使用している穀物類はアレルギーが出にくい食材なので、穀物アレルギーではない犬におすすめできるドッグフードです!
総合評価
穀物 玄米・大麦・黒米・米ぬか・おから・ハト麦
対応年齢 全年齢
価格 通常価格 3,000円(1kg)
お試し価格 2,400円(1kg)

公式ページ

9位 アランズナチュラルドッグフード
アランズナチュラルドッグフードランキング
アランズナチュラルドッグフードは、主原料にラム肉のみを使用している高品質で、ラム以外の肉が苦手な犬におすすめですね!しかし、穀物に関してはグルテンフリーとなっていますが、玄米・全粒オート麦・全粒大麦を使用しています。しかし、これらの穀物は食物繊維・ビタミン・ミネラルが豊富ということもあり、毎日のスッキリをサポートしてくれます。チキンやビーフが苦手な犬や、健康維持をサポートするのに悩んでいる犬にもおすすめの無添加ドッグフードですね!※無添加(着色料・香料・遺伝子組み換え原材料不使用)
総合評価
穀物 低アレルギー(玄米・大粒オート麦・全粒大麦使用で、小麦・大豆・トウモロコシ・乳製品・牛豚肉が不使用)
対応年齢 7か月以上~老犬まで
価格 通常価格 3,960円(2.0kg)
定期価格 3,564円(2.0kg)

公式ページ

10位 アカナドッグフード
アカナランキング
アカナドッグフードは、原産国のカナダの食材を使用した安全性の高いことで人気があります。肉原材料を豊富に使用したドッグフードで、愛犬のタイプによって15種類以上もの種類から選ぶことが可能です。そして、世界的にも有名なオリジンと同じ工場で製造されているので、価格は高くなりますが、良質なドッグフードとして人気があります。当サイトランキング上位のドッグフードを試してみて食べなかった時に利用したいドッグフードですね!
総合評価
穀物 グレインフリー
年齢 全年齢タイプと年齢別タイプがあり
価格 1,240円(340g)~20,520円(11.4kg)

公式ページ

ここでは、当サイトから申し込みが多い順におすすめをご紹介しました!2019年からは、国産ドッグフードの「このこのごはん」も急上昇中ですね!しかし、圧倒的に人気でおすすめなのが”モグワンドッグフード“でした♪

まず、小型犬と一緒に生活している人が多い日本では、このこのごはんの一袋単位の価格は高いですが、中型犬以上と比べると食べる量が少ないので毎月の負担はそこまで高くないです。

なので、みんなが安心できるドッグフードで全犬種に与える事ができるので人気ですね。そして、モグワンが人気の理由は、安全性が高い食材でコスパがダントツにいいところです♪

さらに、初回購入分が半額というキャンペーンをしているので、お試しやすさでもモグワンが人気です。なので、この機会にぜひ利用してみてもいいですね♪

\初回半額のお試しキャンペーン実施中!/モグワンの公式サイトはこちら

国産ドッグフードでおすすめは「このこのごはん」と「ナチュロル」

このこのごはん

このこのごはんは、九州産の鶏肉を豊富に使用していて、動物性タンパク質が豊富なドッグフードです。

また、小型犬の悩みであるベスト3「涙やけ・ニオイ・毛並み」をサポートする内容で人気が非常に高いですね!さらに、このこのごはんに使われている原材料の中の青パパイヤやモリンガなどは毛並みや涙やけサポートとしてもおすすめです。

粒の大きさは、7~8mmほどになっているので、小さい口の小型犬にもピッタリなドッグフードとなっています。下記では、実際に私が試してみた感想を私の口コミとしてご紹介していますので。気になった人はぜひ参考にしてみてくださいね♪

国産ドッグフードこのこのごはん
このこのごはんドッグフードを試した私の口コミ!成分や安全性を評価!こんにちは、「みんなのドッグフード」編集長サトミです! 今回は、小型犬に人気のドッグフード「このこのごはん」について、成分・口コミ...

このこのごはん公式サイトはこちら

当サイト「みんなのドッグフード」の国産ドッグフードの中で、一番人気がある「ナチュロルドッグフード」。

ナチュロルドッグフードは、国産原材料を豊富に使用したドッグフードで、日本生産で人気の商品となっています。こちらのドッグフードは、海外製プレミアムドッグフードのような動物性タンパク質が豊富な内容になっています。

また、国産ドッグフードというとお腹の事を考えて食物繊維を使用していますが、グレインフリーにもこだわっている特徴があります。なので、穀物全般でアレルギーを引き起こしやすい犬にはナチュロルを試してみてもいいですね♪

下記では、ナチュロルドッグフードについて調べてみた記事があるので、そちらも参考にしてみてくださいね!

ナチュロルドッグフードを試した口コミと評価!
【評判最悪なの?】国産のナチュロルドッグフードを試した口コミ! \100円で食いつきテスト!お試しはこちら!/ナチュロルの公式ページ ナチュロルドッグフードの基本情報を調べて評価! ...

ナチュロルの公式サイトはこちら

国産ドッグフードランキング
国産ドッグフード50種の安全性を比較!口コミ評判おすすめランキング!こんにちは、「みんなのドッグフード」編集長のサトミです! 海外製のドッグフードもいいけど、やっぱり愛犬には国産ドッグフードを選びた...

成長期の子犬用で人気おすすめはモグワンドッグフード!

モグワンドッグフード

成長期の子犬の健康維持をサポートするドッグフードでおすすめするのがモグワンです。

まず、モグワンドッグフードは、チキンとサーモンを主原料にしたドッグフードで、良質な原材料に定評があり身体の健康維持をサポートするために与えている人も多いですね!少ない量でもしっかりと栄養素を補えるので、小分けに与えないといけない子犬には合わせやすいですね!

また、モグワンは、安全基準が厳しいイギリスで製造されているので安全性も高いです。さらに、犬の消化器官に負担を掛けないようグレインフリーとなっているところもおすすめポイントですね!

そこで、モグワンなのですが、はじめての人は初回半額で購入できるキャンペーンを実施中です!ただ、初回半額で購入する場合は定期コースに申込する必要があるので注意してくださいね。

しかし、定期コースといっても初回を半額で購入して2回目を自由にキャンセル(解約手数料なし)することが可能なので、損をすることはありません。なので、はじめてモグワンを購入したい人は、ぜひ半額で試してみてくださいね!

【2019年最新】子犬(パピー)用人気おすすめドッグフードと選び方を解説! \先にランキングが気になる方はこちら/子犬用おすすめドッグフード! 子犬に与えるドッグフードの選び方を3つのポイントで徹底解説...

モグワンの公式サイト

シニア犬ドッグフードのおすすめは「モグワン」と「ピッコロ」!

ピッコロ&モグワンドッグフード

成犬から老犬になる7歳~8歳になった愛犬は、食べる量も少し落ち着いてきます。なので、少ない量でもしっかりと栄養が取れるバランスがいい食事に切り替えてもいいですね!

しかし、老犬(シニア犬)になると、低カロリーの食事を探す人も多いのですが、高齢犬ではないのでいきなり切り替えをしなくても大丈夫です。成犬時からシニア期に入っても急に運動しなくなる犬はいないので、低カロリーだと健康維持をサポートしにくいですね!

なので、低カロリードッグフードに切り替えをする時は、食べる量が非常に少なくなってきた時や、運動することがほとんどなくなってきた高齢期に行いましょう。

そこで、「ピッコロドッグフード」と「モグワンドッグフード」がなぜおすすめなのかというと、ヘルシーな食材(肉類・野菜・フルーツなど)を使用しているのですが、しっかりと動物性タンパク質である肉類を吸収できるので犬に必要な栄養素を吸収することが可能です!

また、モグワンとピッコロのドッグフードは、主原料にサーモンを使用しています。なので、認知症予防や炎症の抑制効果も発揮してくれるDHA・EPAも豊富です。さらに、活動的な身体を助けるためにもおすすめの成分を使用してくれているのでうれしいですね!

ピッコロ【公式】モグワン【公式】

老犬用ドッグフード
老犬用の国産ドッグフードでおすすめは?選び方を解説!犬も年老いてくると、徐々に食欲がなくなってしまい、いつものドッグフードを食べなくなってしまうことがあります。 放っておくと、衰弱し...

皮膚アレルギー対策におすすめは「モグワン」ドッグフード!

モグワンドッグフード

アレルギー性皮膚炎などで悩んでいる飼い主さんも多いですが、モグワンで健康維持をサポートする上でもオススメな理由があります。

まず、モグワンは、穀物不使用・粗悪な添加物不使用のドッグフードということもあり、消化をサポートしやすいです。さらに、乳酸菌も配合されているので腸内環境を維持しやすく老廃物を溜めにくいですね!

そして、モグワンはオメガ3脂肪酸が豊富で、美容対策としてもおすすめで、単一の肉類でアレルギーになりにくいように2種類以上の肉(チキン&サーモン)を主原料としています。なので、日頃から健康維持をサポートしたい愛犬におすすめですね♪

モグワンの公式サイト

アレルギー対策ドッグフード
ドッグフードでアレルギー対策におすすめなのは?選ぶポイントも解説!犬も食べるものによっては、アレルギーが生じて涙やけや皮膚の炎症が発生してしまうことがあります。 そのためにも、日ごろから与えるドッ...

低脂肪ドッグフードの人気おすすめはモグワン&いぬはぐ!

モグワンといぬはぐ

愛犬の身体のコンディションサポートとして、低脂肪ドッグフードを探している人も多いですよね!まず、低脂質のドッグフードでも良質な肉類を使用した動物性タンパク質の豊富なものを選んであげましょう!

低脂肪を気にし過ぎて、肝心な栄養素が粗悪な場合は、健康維持をサポートしにくいこともあります。なので、「モグワン」や「いぬはぐ」などの動物性タンパク質が豊富で低脂肪のドッグフードでサポートしてあげるといいですね!

モグワンドッグフードの公式サイトはこちら

いぬはぐドックフードの公式サイトはこちら

低脂肪で肥満対策のドッグフード
ドッグフードは低脂肪がおすすめ?向き・不向きの犬の特徴を解説!人間でいうと、低脂肪の食べ物はダイエットやカロリー制限を行う上で、大きなメリットとして活用することができます。 しかし、犬の場合は...

缶詰や半生タイプの無添加ドッグフードで人気おすすめはブッチ!

ブッチドッグフードの評判と私の口コミ

ブッチドッグフードの公式サイトはこちら

ドッグフードの缶詰タイプの選び方とおすすめランキング
無添加は安全?!缶詰ドッグフードの選び方とおすすめ15選を比較!缶詰タイプ?それともドライタイプ・・・?愛犬のドッグフードとして、どのようなタイプを選ぼうか迷いますよね。。。 缶詰タイプのドッグ...

美容サポートに評判のいいドッグフードはモグワンがおすすめ!

モグワンドッグフード

犬の涙やけは、ドッグフードが原因の場合と先天性や遺伝性などが影響していることがあります。ドッグフードが原因で美容を悪化させている場合は、消化吸収がいい老廃物を溜めにくい食材を使ったモグワンが非常におすすめですね!

しかし、ドッグフードが原因でない場合もあるので、モグワンに切り替えても身体のコンディションがよくない時は、動物病院の先生に相談してもらった方がいいでしょう。例えば、目の周りの毛が干渉して涙やけになっている場合もあります。

ドッグフードの切り替え時から、涙やけが酷くなった場合は、そのフードに使われている食材が老廃物を溜めやすい可能性があります。例えば、粗悪な添加物や多量の穀物などでも涙やけが酷くなる場合があります。

モグワンドックフードの公式サイトはこちら

全139商品のドッグフードをランク別に評価しました!

評価基準 評価基準の詳細
主原料 ヒューマングレードの人間と同レベルの食材を使用していることで、高得点になります。○○副産物や○○ミールなど、4Dの可能性が考えられる原材料を使用していると、マイナス評価とさせて頂いてます。
穀物 穀物を使用していないグレインフリードッグフードは、満点の20点を獲得できます。グルテンフリーなどは、穀物不使用ではありませんが、かさ増しの為に穀物を使用していない良好レベルになりますので、評価は少し下がりますが、安全なドッグフードだと評価できます。
無添加 ドッグフードは完全に無添加にできませんが、ここで言う添加物とは、危険な人口添加物を使用していないことです。天然成分の添加物で安全面を重視しているドッグフードほど評価が高くなります。
安全性 使用している食材が良質で、使用されている原材料の飼育環境や栽培環境を明確に記載しているメーカーほど評価が高くなります。また、肉原材料がどれだけ使用されているか、数値で表示があれば、プラス評価されます。
価格 安全で、無添加にこだわりがあっても、購入価格やコスパが高いと続けにくいとマイナス評価になってしまいます。ここでは、ドッグフードと価格のバランスが適正で、続けやすいかを評価しています。
評価 各評価の詳細 商品数
Sランク
(91~100点)
安全で高評価のドッグフードです。続けやすいコスパで、どんな犬にもおすすめできるのがSランク。迷っているならSランクのドッグフードがおすすめ♪ 6
Aランク
(81~90点)
グルテンフリーの商品も含まれていて穀物不使用のフードも含まれます。Sランクが合わない場合に利用してほしい高品質ドッグフード! 33
Bランク
(61~80点)
4Dミートを使用していないドッグフードで評価できます。主原料に使われている肉の含有量が不明ですが良質なドッグフード。 49
Cランク
(41~60点)
4Dミートや穀物を使用しているドッグフード。当然ながら使用を控えたいですが、安価で粗悪(D・Eランク)なドッグフードよりはマシというレベル。 15
Dランク
(21~40点)
Cランクより4Dミート・穀物・とうもろこし・動物性油脂が多いドッグフードです。長期的に食べ続けると内臓への負担などリスクが高いドッグフード。 24
Eランク
(1~20点)
当サイトの評価基準では、絶対におすすめしないドッグフード。危険な添加物や食材を多く使っている。犬の健康被害を高める可能性がある避けたいフード。 12

(合計139種類)

Sランクドッグフード 文句なし!最もおすすめで超優秀!

このこのごはんこのこのごはん(96点)
子犬 シニア犬成犬おすすめお試し 国産
国産ドッグフードの中でもグレインフリー・無添加・ヒューマングレードを重視。肉の含有量も豊富。
モグワンランキング
モグワンドッグフード(97点)
子犬(生後4か月~) シニア犬 成犬 お試し
良質なチキンとサーモンを主原料に53%使用。高タンパク質低脂肪を実現したヒューマングレードのドッグフード。

ブッチドッグフード(95点)
子犬 シニア犬 成犬 おすすめお試し
肉の含有量がなんと!92%。ヒューマングレードで半生タイプのドッグフードで食いつき抜群。

いぬはぐドッグフード(93点)
子犬 シニア犬成犬お試し
国産ドッグフードの中でもグレインフリー・無添加・ヒューマングレードを重視。肉の含有量も豊富。
ナチュロルランキング
ナチュロルドッグフード(92点)
子犬 シニア犬成犬お試し 国産
国産ドッグフードの中でもグレインフリー・無添加・ヒューマングレードを重視。肉の含有量も豊富。
カナガンランキング
カナガンドッグフード(90点)
子犬 シニア犬成犬
良質なチキン配合で必須アミノ酸のバランスが良い。活発な犬など全犬種におすすめ。

※上記6種類のドッグフードをクリックしてもらうと詳細記事をご覧いただけます。

ここで紹介した6種類のドッグフードは、口コミでも人気で愛犬にもいい食事をしてもらいたいと思っているなら知っている人も多いですよね!

何がいいの・・・?と疑問もあるとは思うのですが、愛犬の健康維持をサポートする為に、栄養バランスが優れています。また、使用している原材料にもこだわりを持っているので、安心して愛犬に与えることができますね。

ただ、価格はそこまで安くないのですが、小型犬と生活している人の毎月のコスパはそこまで悪くありません。3~5kgほどのトイプードルでしたら、1日当たり150円~200円ほどなので、健康維持をサポートする上ではおすすめですね♪

Aランクドッグフード Sランクまであと一歩でかなり優秀

UMAKAドッグフード(89点)
子犬 シニア犬成犬お試し 国産
ネルソンズ(89点)
子犬(7ヵ月~) 成犬(7歳まで) お試し
アカナ(89点)
子犬 シニア犬成犬お試し
オリジン(89点)
子犬 シニア犬成犬お試し
アランズナチュラルドッグフード(88点)
子犬(7ヵ月~) シニア犬成犬お試し
ヤムヤムヤム(88点)
子犬 シニア犬成犬お試し 国産
ファインペッツ(88点)
子犬 シニア犬成犬お試し
ピッコロ(88点)
シニア犬(7歳~)成犬(7歳~)お試し
ファインペッツ極(88点)
子犬 シニア犬成犬お試し
馬肉自然づくり(87点)
子犬 シニア犬成犬お試し 国産
キアオラ(85点)
子犬 シニア犬成犬お試し
フィッシュ4ドッグ(85点)
子犬 シニア犬成犬お試し
プラペ(85点)
子犬 シニア犬成犬お試し
K9ナチュラル(84点)
子犬 シニア犬成犬お試し
ヤラーグレインフリー(84点)
子犬 シニア犬成犬お試し
ネイチャーズバラエティー(84点)
子犬 シニア犬成犬お試し
ZEN(83点)
子犬 シニア犬成犬お試し 国産
犬心(糖&脂コントロール)(83点)
子犬 シニア犬成犬お試し 国産
犬心(元気キープ)(83点)
子犬 シニア犬成犬お試し 国産
犬心(消化器ケア)(83点)
子犬 シニア犬成犬お試し 国産
犬心(皮膚サポート)(83点)
子犬 シニア犬成犬お試し 国産
犬心(シニアサポート)(83点)
シニア犬お試し 国産
みらいのドッグフード(長寿サポート)(83点)
子犬 シニア犬成犬お試し 国産
ドクターケアワン(83点)
子犬 シニア犬成犬お試し 国産

Aランクのドッグフードに関しても、原材料にこだわりを持った安全性が評価できるのでおすすめです。さらに、粗悪な人口添加物や原材料も不使用でおすすめできるドッグフードなのですが、Sランクのドッグフードと比べると、コスパが割高なものもあります。

Aランクも使っている食材にこだわりを持っていておすすめです。ですが、コスパに優れたドッグフードで安全性を重視しているなら、まずはSランクから試してみてもいいと思いますよ!

Bランクドッグフード 肉類の含有量が不明だが安全!

Bランクドッグフードは肉の含有量が記載されていないだけで安心!

Bランクのドッグフードは、肉類の含有量がどれだけ使われているかが不明なドッグフードです。使用している食材に関しては評価できるのですが、どれだけの量かが分かればさらにいいと思う内容でした。

例えば、チキンとサーモンを使用しているドッグフードを探している人の場合・・・「チキンの方をより多く使用している方が愛犬の食いつきがいいけど、どれくらいの量を使っているの?」という疑問がでてきますよね。。。

なので、安全性は気になるところがありませんがあと一歩の情報がほしいですね。飼い主さんに対してもう少しの情報を提示してくれていればよかったです。

Forza10レジェンド、ボッシュ、ロータス、フレッシュミックス、オソピュア、ナチュラルハーベスト、ナチュラルバランス、クプレラ、ソリッドゴールド、ドットわん、ウェルネスコア、ニュートロ(ナチュラルチョイス、シュプレモ、ワイルドレシピ)、ソルビダなど

Cランクドッグフード 少し微妙な食材を少量使っている!

Cランクドッグフードは少しだけ残念。

Cランクは、少し微妙な食材が気になったドッグフードです。安全性が不明確な人口添加物は使用していないのですが、BHAなど基準値内ではありますが使っているドッグフードもあります。

また、主原料にしっかりと肉を使っているのに、小麦粉を多く使っているドッグフードもありました。しっかりと考えているのに、なぜそれを使うの・・・?という疑問があるドッグフードでもあります。

なので、BHAや消化の妨げをする小麦粉など、規定内で使用しているのは問題ないと思うのですが、やはり使用していない方が安心です。

グリーンプラス、マザープラス、キャネディ、ビルジャック、ピュアロイヤル、セレクトバランス、アダホーム、スーパーゴールド、カークランド、ドクターチョイスなど

Dランクドッグフード 粗悪な4Dや原材料に注意して!

Dランクドッグフードの原材料に注意

Dランクのドッグフードは一見悪くない内容なのですが、詳しく原材料を調べてみると気になる穀物・油・添加物などを使用しています。第一主原料に肉類を使っているものは、高く評価はできるのですが少し残念でした。

ユーカヌバ、サイエンスダイエット、ロイヤルカナン、ピュリナ(ワン・プロプラン)、メディコート、プロステージ、ウェルケア、モアソフト、ビューティープロ、プロフェッショナルバランスなど

Eランクドッグフード 短期使用でも避けておきたい!

Eランクドッグフードは短期でも注意が必要。

Eランクのドッグフードは、スーパーやホームセンターでもよく見かけるものが多くて、口コミ評判も悪くありません。しかし、不安だと感じる原材料を多く使っているので、愛犬には与えたくないというのが率直な感想です。

価格が非常に安いので食いつきが良かったから長期的に与えている場合でも、長期的には避けたいドッグフードだと感じました。

アイムス、愛犬元気、ビストロ、ランミール、ビタワン、ベストバランス、ペディグリー、パックン、家族のごはん、スタイルズ、ゴン太のふっくらソフト、グランデリなど

市販でおすすめのドッグフードを購入することはできないの?

市販のおすすめドッグフードって?

市販のホームセンターやペットショップでもドッグフードを購入することはできますよね。しかし、原材料をしっかりと確認する必要があります。

例えば、「国産とパッケージに記載されているドッグフードだから安心できる!」と思っていても、人口添加物の着色料や危険な保存料などが入っている場合もあります。

なので、市販でおすすめされているドッグフードであっても、穀物・無添加・主原料の品質など、使用されている食材の安全性を確認することが重要になってきます。

当サイトでおすすめしているドッグフードは、どれも高品質で続けやすいコスパのものばかりですよ♪また、お試しできるプレミアムドッグフードもあるので、お得に試せるのでおすすめですね!

どこを調べるといいのかわからないという人は、当サイトで評価した、おすすめランキングを参考にしてみてくださいね♪

ホームセンターなどの安いおすすめドッグフードの注意点とは?

ホームセンターがおすすめしている安いドッグフードの注意点?

ホームセンターなどでおすすめ品として販売されているドッグフードは、基本的に価格が安いものが多いです。なので、安さだけでドッグフードを選んでしますと、危険な添加物や、かさ増しの為に使用している穀物が多かったりすることがあります。

ホームセンターだから悪いという事ではなく、ドッグフードに使われている原材料が、愛犬の健康維持をサポートできるか判断してあげましょう!

また、折り込み広告や特売のドッグフードがホームセンターで販売されていたら、賞味期限の確認をしましょう。セール品のドッグフードは、賞味期限が短くなっている可能性もあります。

すぐにでも、販売しないと廃棄処分しないといけないこともあるので、ドッグフードの販売店が量販店に低価格で卸売りしている場合もありますので注意しましょう!

ブリーダーがおすすめドッグフードの注意点って?

ブリーダーおすすめのドッグフードの注意点って?

ブリーダーがおすすめするドッグフードを与えているけど、涙やけやお腹の調子が良くないという口コミもあります。

基本的にブリーダーがおすすめしているドッグフードは、大容量で市販の有名ドッグフードが多いです。おそらくみなさんもご存知の「ロイヤルカナン」や「ユーカヌバ」などが多いですが注意点もあります!

なぜならば、ロイヤルカナンやユーカヌバは、ブリーダー用に販売している大容量のドッグフードがあり、コスパが優れているので購入しやすいです。さらに、大容量であることから粗悪な人口添加物をたくさん使用している場合もあります。

原材料に、粗悪な人口添加物を使用していると、老廃物がたまりやすく涙やけやアレルギーを引き起こすリスクもあるので注意しましょう!

ドッグフードストッカー(保存容器)のおすすめって?

ドッグフードストッカーは必要でおすすめなの?

ドッグフードを新鮮に保つため、保存容器(ストッカー)を用意してあげることもいいですね!ドライタイプのドッグフードは、長期保存できるように酸化防止剤が使用されていますが、それだけではしっかりと保存はできていません。

どういうことかと言うと、ドッグフードを開封して、空気が触れた時から酸化が進んでしまいます。なので、最初食べたドッグフードと、日にちが経ってきたドッグフードでは新鮮さが違い風味や味も少しずつ変化してしまいます。

神経質な犬の場合は、これらの現象でもドッグフードを食べないようになる子もいます。なので、ドッグフードストッカーでしっかりと保存してあげることも重要になります!