悩み別ドッグフード

ドッグフードでアレルギー対策におすすめなのは?選ぶポイントも解説!

アレルギー対策ドッグフード

犬も食べるものによっては、アレルギーが生じて涙やけや皮膚の炎症が発生してしまうことがあります。

そのためにも、日ごろから与えるドッグフードには気を付ける必要があるのです。中にはアレルギー対策に活用される低アレルギーのドッグフードがあるため、アレルギーが怖いという方は、一度試してみることをおすすめします。

今回は、アレルギー対策に活用できるおすすめのドッグフードを解説していきましょう。また、選び方のポイントについても紹介していくので、参考にしてみてください。

アレルギー対策になるドッグフードの選び方

犬もアレルギーになると、皮膚の炎症やひどい場合は呼吸困難に陥ることがあります。そうならないためにも、アレルギー対策になるドッグフードを選ぶ必要があるのです。

今回は、アレルギー対策になるドッグフードの選び方について解説していくので、参考にしてみてください。

1.肉の種類を選ぶ

犬のアレルゲンは、お肉である可能性が考えられます。そのため、どんな種類のお肉が配合されているドッグフードなのか、事前に把握しておく必要があるのです。

牛肉が配合されているドッグフードでアレルギーが出た場合は、鶏肉が配合されているドッグフードに切り替えたりと、どのお肉の種類でアレルギーが反応するのかでドッグフードを変えていくことが大切になります。

中には低アレルギー性のお肉である鹿肉や魚といったものが配合されているドッグフードもあるので、アレルギーが怖い時には、低アレルギーのドッグフードを購入してみるといいでしょう。

2.グレインフリーを選ぶ

犬は人間と違い、穀物を分解することができるアミラーゼという酵素が少ないのが特徴です。そのため、ドッグフードに穀物であるトウモロコシや小麦が配合されていると、消化不良やアレルギー反応を示す可能性があります。

犬はお肉が主食であることから、穀物は摂取しなくても問題ない栄養素です。ドッグフードでアレルギー反応が出ないためにも、穀物が含まれていないグレインフリーのドッグフードを選択するようにしましょう。

3.無添加がおすすめ

ドッグフードの中には人工添加物が配合されているものがあり、人工添加物を犬が摂取することで、アレルギー反応を引き起こす可能性があります。

特に日本ではドッグフードの扱いは雑貨として認識されているので、危険な添加物が含まれていることがあるので注意しましょう。

ほとんどが無添加で販売されているペット先進国のスウェーデンやドイツ、イギリスのドッグフードであれば、人工添加物が含まれていないので、特におすすめです。

アレルギー対策におすすめ国産ドッグフード

愛犬がアレルギーにならないためにも、アレルギー対策になるドッグフードの選び方を解説していきましたが、具体的にどんなドッグフードがおすすめなのか、詳しく解説していきます。

愛犬のアレルギーで悩んでいる方は、参考にしてみてください。

1.ドクターケアワンドッグフード

低アレルギーで人気のラム肉が使用されていて、無添加であることから、アレルギー対策としても効果が期待できるドッグフードです。

アレルギーの原因になり得る成分(小麦・大豆・乳製品など)が配合されていないので、安心して愛犬に食べさせることができます。

厳選された原材料が10種類使われているので、高品質なドッグフードで犬の食いつきがいいのも特徴の一つです。

2.ナチュロルドッグフード

チキンを主原料にバランスよく配合されているドッグフードで、無添加であることからアレルギーになりにくいのが魅力のドッグフードです。

犬の消化不良を招く可能性のある穀物が含まれていない、グレインフリーであることからも、安心して愛犬に与えることができます。

たんぱく質が多く含まれているので、毛並みが綺麗になったという口コミが多く寄せられているのも特徴です。

3.いぬはぐドッグフード

獣肉にアレルギーを持っている子におすすめできる、サーモンを主原料としてドッグフードです。実際にアレルギーが改善されたという声も多く寄せられているので、効果は期待できます。

グレインフリーであることから、アレルギー対策としても人気のドッグフードになっているので、アレルギーで心配な方は一度試してみるといいでしょう。

また、配合されているガルバンゾー豆は、たんぱく質だけでなく、ビタミンやミネラルも豊富に含んでいることから、栄養バランスが整えられているのも魅力の一つです。

4.ドクターケアワンドッグフード

主原料であるニシンやサーモンは、アレルギーが発症することが少なく、DHAやEPAなどを多く含んでいることから、老犬でもおすすめできるドッグフードとなっています。

グレインフリーであることから、消化不良になることを防ぎ、アレルギーの発生を未然に防いでくれるのが特徴です。

ドッグフードに含まれるアレルギーの原因となるもの

犬の体質にもよりますが、ドッグフードに含まれているもので、アレルギーの原因となる可能性のあるものを紹介していきます。

現在アレルギーで悩んでいて、食べさせているドッグフードに含まれていたら、別のドッグフードに切り替えることを検討してみてください。

1.牛肉や豚肉

お肉がアレルゲンである場合は、牛肉や豚肉といった獣肉が原因である可能性があります。その場合は低アレルギー性のある鶏肉や鹿肉が配合されているドッグフードに切り替えるようにしましょう。

同じお肉でも、種類が違うだけで、体調がよくなることも多いので、一度実践してみることをおすすめします。

具体的に、どんなアレルギーを持っているのか、病院で診察してもらった方がわかりやすいでしょう。

2.穀物

犬は本来肉食の動物であることから、穀物を消化する器官がほとんどありません。そのため、少量であれば問題なくても、摂取しすぎると消化不良やアレルギーの原因になることが考えられます。

犬の内臓にも負担をかけることにもなるので、グレインフリーのドッグフードを極力選ぶようにしてください。

3.人工添加物

人間でも同じようにアレルギーの原因になる人工添加物は、犬にとっても危険なものです。特に犬にとって着色料や香料といったものは、食べる上で必要のないものなので、ドッグフードに含まれていれば、購入するのは辞めた方がいいでしょう。

アレルギーの原因になるだけでなく、添加物の種類によっては発がん性物質と認定されているものもあります。

日本製のドッグフードは人工添加物に関しての規制が緩いこともあり、多くの人工添加物が使用されていることがほとんどです。

ペット先進国であるスウェーデンやドイツ、イギリスで生産されているドッグフードであれば、ほとんどが無添加なので、人工添加物を避けてドッグフードを購入するのであれば、ペット先進国のドッグフードを購入するといいでしょう。

まとめ

お肉の種類や人工添加物の有無で、犬にアレルギーが発症する可能性があることから、ドッグフード選びは慎重に行わなければなりません。

犬がアレルギーを発症する食べ物は、大体決まっているので、ドッグフードの原材料をよく確認して、アレルギー物質が入っていないか、よく確認しましょう。

アレルギー対策になるドッグフードの選び方を紹介しましたが、どんなドッグフードがいいか迷ってしまった場合には、今回紹介したおすすめドッグフードを参考にしてみてください。

きっと愛犬の食いつきがよくなるドッグフードが見つかるはずです。