目的別ドッグフード

ドッグフードはグレインフリーがおすすめ?選び方について解説!

グレインフリードッグフード

穀物が含まれていないドッグフードのことをグレインフりーといいますが、グレインフリーの魅力とはどんなことを指しているのでしょうか。

また、選び方やグレインフリーのドッグフードが向いているのはどんな子なのか、詳しい内容を解説していきます。

グレインフリーのドッグフードの選び方

犬は肉食であることから、穀物は栄養素として食べなくても問題ないものです。また、犬には穀物を分解するアミラーゼという酵素が少ないため、摂取しすぎると消化不良を引き起こす可能性があります。

そのため、グレインフリーのドッグフードは、愛犬の体調を考えると重要な要素の一つです。

そんなグレインフリーのドッグフードを選ぶ上で重要なポイントとは、どんなことがいえるのでしょうか。選び方を解説していきます。

1.無添加のもの

愛犬の体調を考慮してグレインフリーのドッグフードを選択するのであれば、無添加であることにも着目してドッグフードを選ぶことをおすすめします。

犬は穀物だけでなく、人工添加物が入っていることでも、アレルギーの原因になってしまったり、消化不良の原因になることがあるのです。

そのため、犬の健康を考えるのであれば、グレインフリーに加えて無添加のドッグフードを選ぶようにしましょう。

特に着色料や香料といった添加物は、犬にとって必要のない添加物なので、ドッグフードに含まれている場合は、購入しないようしてください。

2.原材料に肉の割合が多いもの

犬は肉食であることから、ドッグフードに含まれている比率で、肉の割合が多いものを選択することをおすすめします。

動物の中でも、肉の運動量は多いことから、筋肉を構成するたんぱく質をより多く摂取する必要があるのです。そのためにも、ドッグフードの肉の割合は多い方がいいでしょう。

グレインフリーのドッグフードであれば、必然的に肉の割合が多くなる傾向にありますが、確認のためにも原材料の記載のところにあるドッグフードの割合比率を参考にしてみてください。

3.米・白米・玄米の記載がないもの

穀物が入っていないドッグフードのことをグレインフリーと呼びますが、メーカーによってはグレインフリーの認識が異なっていて、アレルゲンで多い「小麦・大豆・トウモロコシ」の3つを除いたドッグフードのことをグレインフリーと呼ぶメーカーがあります。

そのため、中には米・白米・玄米が原材料に入っていても、グレインフリーと紹介しているドッグフードもあるので注意しましょう。

米類は糖質が多く含まれていることから、犬に与えすぎると肥満の原因になってしまいます。アレルギーが生じることはほとんどありませんが、原材料に含まれていたら、選ばないようにした方がいいでしょう。

グレンイフリーのおすすめドッグフード

グレインフリーのドッグフードを選ぶポイントを紹介しましたが、具体的にどんなドッグフードがいいのか、悩んでしまう方も多いでしょう。

そんな方のために、グレインフリーでおすすめのドッグフードを紹介します。グレインフリーのドッグフードを購入したいと考えている方は、参考にしてみてください。

1.ナチュロルドッグフード

ヘルシーでありながら、主原料のチキンやサーモンで肉の割合が53%もあるドッグフードです。室内飼いの子でも安心して食べさせることができるドッグフードなので、肥満になることもほとんどないでしょう。

グレインフリーで米も含まれていないので、穀物アレルギーが心配という方におすすめです。無添加であることから、消化不良やアレルギー反応が出にくいドッグフードという特徴も魅力になります。

全年齢の犬に食べさせることができるので、安心・安全のドッグフードを探しているのであれば、打ってつけのドッグフードといえるでしょう。

2.Dr.ケアワンドッグフード

ペット先進国であるイギリスで生産されていて、チキンが全体の55%もの割合を占めているため、十分なたんぱく質を得ることができるドッグフードです。動物性材料でいえば、60%以上もの材料割合なのが魅力です。

グレインフリーで無添加であることから、消化不良やアレルギーが発症する心配が少なく、安心して愛犬に食べさせることができます。

配合されている他の材料や海藻や野菜が含まれているので、バランスのいい食事を与えることができます。いつまでも愛犬に健康でいてもらいたい方には、特におすすめです。

3.馬肉自然づくりドッグフード

国産のドッグフードでは珍しい、日本で生産されているグレインフリーのドッグフードで、高品質の材料が使用されているのが魅力です。

犬には必要のない着色料や香料などの人工添加物が配合されていないことから、体に優しいドッグフードであることがわかります。

無添加でグレインフリーのドッグフードは、海外産であることがほとんどですが、国産で生産されているのであれば、さらに安心して愛犬に与えることが可能です。

機会があれば、一度購入してみるといいでしょう。

グレインフリーのドッグフードに向いている犬の特徴

穀物が入っていないグレインフリーですが、そもそも穀物自体は少量であれば、含まれていても、犬にとっては基本的に問題ありません。

しかし、犬によっては穀物が入っていると、体調面で問題が生じる子もいます。そのため、グレインフリーのドッグフードがおすすめなのです。

犬の中でもグレインフリーのドッグフードに向いている犬とは、どんな特徴があるのか、詳しく解説していきます。

1.穀物にアレルギー反応を示す

市販のドッグフードのほとんどは、原材料に「小麦・米・トウモロコシ」が含まれています。これらの穀物を食べることで、犬はアレルギー反応を示すことがあるのです。

主なアレルギー反応としては、「涙やけ」や「皮膚の炎症」といった表面的に見える部分で、異常が発生してしまいます。

グレインフリーは、そういった犬でも安心して食べられるように、穀物が全く入っていないドッグフードなので、安全なのです。

2.消化不良をよく起こす

犬は穀物を分解するための酵素であるアミラーゼがほとんどないため、小麦やトウモロコシが含まれているドッグフードを摂取すると、消化不良を引き起こす可能性があります。

そのため、お腹が弱い子や消化機能が比較的弱い大型犬には、グレインフリーの方がおすすめです。

自分の犬の特徴を理解して、穀物が入っていても問題ないのか、それともグレインフリーがいいのか見極めていきましょう。

3.体調面で心配

アレルギーや消化不良を引き起こしていなくても、徐々に蓄積されて症状が発生することが考えられます。

そのため、体調面を考慮してグレインフリーを与えたいという方にも、グレインフリーのドッグフードはおすすめです。

少しでも愛犬の体調を気遣いたいという方は、グレインフリーのドッグフードを選んで、様子を見てみるといいでしょう。

まとめ

肉食である犬は、穀物を食べると調子が悪くなってしまうことがあります。アレルギーや消化不良が発生するかは、犬の個性によって違ってくるため、一概にグレインフリーがいいとは言い切れませんが、未然に防ぐという意味ではグレインフリーのドッグフードを選ぶことは重要な要素です。

また、グレインフリーであるドッグフードは、穀物が入っていない分、高たんぱくであることが特徴なので、よく動く犬であれば、特におすすめできるドッグフードになります。

自分の愛犬の個性を理解して、穀物が入っていない方がいいと考えたのであれば、グレインフリーを選択してみるといいでしょう。