目的別ドッグフード

子犬にドッグフードを与えるならどんなのがおすすめ?選ぶ基準を解説!

初めて子犬を飼う方からすると、子犬にどんなドッグフードを与えればいいのか、悩んでしまう方も多いでしょう。また、子犬を家族として迎え入れるときは、誰もが嬉しくて、これから始まる愛犬の子育てにドキドキとワクワクした気持ちがありますよね。

子犬を家に連れて帰ってくるときは、ほとんどの場合生後2-3ヵ月の子犬になっているでしょう。母犬や兄弟たちとしっかり戯れ、愛犬も社会性を身につけているはずです。

離乳もしているはずなので、家族として迎え入れるときから、子犬にはドッグフードを与えることになるでしょう。

愛犬のこれからの成長のためにも、ドッグフードの選び方はとても肝心です。

そこで今回は、子犬のドッグフードの選び方をご紹介します。

ドッグフードの与え方

子犬のドッグフードには、成犬よりも気を遣うもの。

子犬がいつもお腹を空かせているような気がする…肥満っぽく見えるけど大丈夫かな…などなど、不安は尽きないですよね。

でも、あまり考えすぎもよくありません。ほとんどの場合は、子犬は元気で丈夫に育ってくれます。子犬にドッグフードを与えるときは、以下のポイントに注意しましょう。

  • 給与量を守る
  • 便や被毛などをよくチェックすること
  • 少しくらい肥満であれば、気にしなくてよい
  • 歯磨きをするのであれば、ふやかしても問題なし

まずは、しっかりと子犬にドッグフードを食べさせましょう。

子犬を家族として迎え入れるとき、すでに固形のドッグフードを食べることができているはずです。しかし、もし食べにくそうにしていたり、あまり食べないようなら、少し柔らかくしてあげましょう。

そのときは、熱湯ではなく、必ずぬるま湯でふやかすこと!熱湯でふやかすと、柔らかくなりすぎたり、必要な栄養素までもなくなってしまうことがあるからです。

ドッグフードをふやかすことで、歯石が溜まるといわれていますが、食後にしっかりと歯磨きをしてあげたら問題ありません。

子犬の時から、歯磨きに慣れさせておくことも大事なことです。

子犬に合うドッグフードの見つけ方

基本的に、ドッグフードを切り替えると、それぞれお給与量は変わってきます。

それは、それぞれのドッグフードに含まれている栄養素やカロリーが違うからです。

ドッグフードを切り替えたときは、子犬の年齢と体重を目安にして、ドッグフードの袋に書いてある給与量を守ってあげましょう。

 

便や毛並をチェック

ドッグフードに書かれてある給与量を守りながら、愛犬の便や毛並みもチェックしましょう。毛並みは、すぐに変化がでることはあまりありませんが、便にはよく表れています。

もし、便がすごく柔らかかったり、下痢をしていたり、反対に便秘になっているときは、どれだけ評判のいいドッグフードであっても、愛犬に合っていないことがあります。

便の状態がとても悪いときは、ドッグフードをまた違うものに変えるのは当たり前ですが、動物病院で診察してもらいましょう。

毛並みは、毛先が赤茶っぽくなっていたり、色が薄くなっていたり、潤いがなくなってきていると、ドッグフードに愛犬が必要な成分が十分に配合されていないことがあります。

数日様子をみてみて変化がないようなら、ドッグフードを新しいものにかえましょう。他にも、愛犬の涙やけなどの症状も大事なチェックポイントです。

しかし、涙やけなどは生まれつき、ということもあるので、一概にドッグフードがあっていないとは言いきれません。この場合は、動物病院でアレルギーなどのテストを受けるといいでしょう。

ドッグフードが合っていないことが原因で、涙やけなどを起こしている可能性もあります。また、チキンが主原料になっているドッグフードだと、涙やけを起こしやすいといわれています。

なので、主原料が魚になっているドッグフードに変えてみるといいでしょう。

痩せていなければ問題なし!

子犬の時は、比較的コロコロとしているように見えます。少しくらいなら問題はありません。反対に、痩せている方が危険なこともあるので、給与量をしっかり守りましょう。

1歳ごろから、愛犬の運動量や体調をみながら適正体重になるように、厳しくしていっても問題はありません。子犬の時に、栄養不足になることだけは避けましょう。

低糖質で動物性たんぱく質のものを与える

穀物や根菜類がたっぷりと配合されたドッグフードは糖質が多くなっています。糖質が多いと、人間と同じように太りやすくなります。なので、愛犬が子犬の時から、ドッグフードは低糖質で動物性たんぱく質がたっぷりと含まれているものを選びましょう。

ただし、一番大事なことは、愛犬との相性がいいかどうかです。低糖質で動物性たんぱく質が含まれているドッグフードを選んでも、愛犬がしっかりと食べないと意味がありません。なので、無理やりそのドッグフードにこだわりすぎる必要はないのです。

栄養面などは、なかなか譲れないこともあるでしょう。

そのときは、同じメーカーのドッグフードで主原料が違うものを選んでみるのも一つの手です。主原料を変えるだけで、愛犬の食いつきがよくなることもあります。

他にも、少し温めてみたり、ちょっと肉や魚をトッピングのように混ぜるだけで、愛犬が食べるようになることもあります。

いろいろと試してみるといいでしょう。

いつまで子犬用ドッグフードを与えたらいい?

小型犬は、だいたい1年で成犬の体になります。大型犬は少しゆっくりめで、2年ほどかかります。愛犬が成犬の体になるまで子犬用のドッグフードをあげていたのなら、上記のころを目安に成犬用のドッグフードに切り替えるといいでしょう。

ただし、これはあくまでも目安です。あまり神経質にならずに、少し日にちが前後しても問題はありません。定期的に動物病院で診察を受け、平均的な体型かどうかをみてもらうこと。そして、運動量などもみながら、ドッグフードを切り替えていきましょう。

もし、子犬のころからオールライフステージのドッグフードを与えていたのなら、そのままで大丈夫です。

子犬のおやつについて

可愛い愛犬に、どうしてもおやつをあげたくなることってありますよね。しかし、やはり頻繁におやつをあげるのは避けること。おやつの味を覚えてしまうと、ドッグフードを食べなくなる可能性があります。

すると、おやつだけでは栄養が十分とれないので、愛犬が体調を崩すことになります。他にも、飼い主さんが手渡しで食べ物をあげていると、愛犬がフードボウルに興味を示さなくなることもあります。

ドッグフードを食べなくなった…という悩みをもつ飼い主さんは、普段からドッグフード以外の食べ物を与えていることがあります。

市販のおやつだけでなく、さつまいもなど人が食べるものを与えていると、ドッグフードを食べなくなるのです。

また、市販のおやつを選ぶときにも、原材料には気をつけること。おやつには、よく小麦などが使用されていることがあります。小麦などの穀物類は、犬にとってよくないもの。

消化不良をおこすこともあるので、原材料をチェックしましょう。

まとめ

いかがでしたか。

初めて子犬を迎え入れると、ドッグフードを食べるか不安…ということもあれば、可愛さのあまり甘やかしたりしてしまうこともあります。

愛犬がきちんとドッグフードを食べるようになるためにも、飼い主さんが給与量などを守って、ドッグフードを与えることが大事です。

愛犬の体調や食いつきなどをみながら、どのドッグフードがいいのか選んでくださいね。