目的別ドッグフード

オーガニックのドッグフードでおすすめは?無添加との違いも解説!

オーガニックドッグフード

体に優しくて、健康を意識する上では欠かせないオーガニックな食材。最近ではドッグフードもオーガニックで生産されているものが多く、愛犬の健康面を意識している方に人気になっています。

今回は、そんなオーガニックのおすすめドッグフードについて紹介していきましょう。また、無添加の違いや選び方についても解説していくので、参考にしてみてください。

オーガニックのドッグフードを選ぶ基準

ドッグフードの中でも品質にこだわりを持っているオーガニックのドッグフード。いくつか種類があるため、どれを選べばいいのか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そんな方のために、オーガニックのドッグフードを選ぶ基準を解説していきます。オーガニックのドッグフードを検討している方は参考にしてみてください。

1.グレインフリーを選ぶ

犬は穀物を苦手としていて、摂取すると消化不良やアレルギー反応を示す可能性があります。そのため、穀物が入っていないグレインフリーのものを選ぶのがおすすめです。

特に犬は「小麦・トウモロコシ」に強くアレルギー反応を持っていることがあるので、原材料の記載に含まれていれば、購入を避けた方がいいでしょう。

せっかくオーガニックのドッグフードを選んでいても、消化不良やアレルギー反応で愛犬の体調が崩れてしまっては意味がありません

愛犬のことを考えて、体に優しいグレインフリーを選ぶようにしましょう。

2.無添加であること

人間と同様に、人工添加物が入っている食べ物を摂取すると、犬も消化不良やアレルギー反応が生じてしまう可能性があります。

それだけでなく、発がん性物質が含まれていることもあることから、愛犬の健康を考えるのであれば、無添加のものを選ぶようにしましょう。

特に着色料や香料といった、人間が食事を行う上で見た目に気にすることから使用されることの多い添加物は、犬にとっては食べる上で関係のないものなので、ドッグフードに含まれているのであれば、購入しない方が賢明です。

3.たんぱく質が多く含まれている

犬は運動量が多いことから、筋肉や毛を構成する上で重要な栄養素であるたんぱく質をより多く必要とします。

出来るだけドッグフードに含まれているたんぱく質は多い方がいいので、ドッグフードに記載されている原材料の割合をチェックして、たんぱく質の割合を確認しておきましょう。

しかし、たんぱく質の割合が多すぎると、内臓に負担をかけてしまう恐れがあるので、室内飼いの子や運動量が少ない子には、たんぱく質の割合が多すぎるドッグフードは避けるようにしてください。

オーガニックのおすすめドッグフード

オーガニックのドッグフードを選ぶ基準を紹介しましたが、具体的にどんなドッグフードを選べばいいのか、種類が多すぎて迷ってしまう方も多いでしょう。

そんな方のために、厳選されたオーガニックのドッグフードを紹介していくので、購入を検討している方は参考にしてみてください。

1.ソルビダ 室内飼育成犬用インドアアダルト

アメリカで生産されているオーガニックのドッグフードで、室内飼いの成犬用として開発されているため、カロリーが控えめでヘルシーなのが特徴です。

運動量が少なくなりがちな室内飼いの成犬のために、グルコサミンやコンドロイチンも配合されているので、骨格の衰えについてもサポートしてくれるのが嬉しいポイントになります。

着色料や香料といった犬には必要のない人工添加物も入っていないので、安心して愛犬に食べさせることが可能です。

2.ヤラー 100%オーガニックドッグフード

原材料の全てがオーガニックの食材であり、オランダ・スウェーデン・ノルウェーの3ヶ国から国家オーガニック認証されている、確かな品質を持っているドッグフードです。

主原料であるチキンは、ストレスがないように自然で育てられているため、脂肪分が少なくヘルシーなのが特徴になります。肥満気味でダイエットをさせたいという方にもおすすめのドッグフードです。

着色料や香料などの人工添加物は含まれていないのでその点では安全ですが、穀物が含まれているので、穀物アレルギーの子には与えないようにしましょう。

3.SGJプロダクツ ピュアオーガニックドッグフードアダルト

公式のオーガニック認定は受けていませんが、それよりも厳しい審査基準を自社で設けているため、品質は確かなオーガニックのドッグフードです。

オーストラリアのオーガニック認定を受けている生産者と提携していて、調達から生産まで全て一貫で管理されています。農薬や抗生物質の投与がほとんどない牛肉とラム肉が使用されているので、安全性が高いのが魅力です。

ミネラルや食物繊維も豊富に含まれていることから、栄養バランスが整えられているのも、犬の健康を考えれば嬉しい特徴の一つといえるでしょう。

ドッグフードのオーガニックと無添加の違いとは?

ドッグフードを購入する上で、「オーガニック」と「無添加」という記載を見かけたことがある方も多いかと思いますが、二つはどのような違いがあるのでしょうか。

ドッグフードにおける「オーガニック」と「無添加」の違いについて、詳しい内容を解説していくので、参考にしてみてください。

1.オーガニックとは有機農法や無農薬栽培で作られたもの

一般的にオーガニックと言われているドッグフードは、化学肥料や農薬を全く使用せずに栽培された材料が使用されているもので生産されたもののことを指しています。

特にオーガニック認定を受けるドッグフードには、厳しい審査が行われていて、過去3年間で肥料を使っていない農地で栽培していることや遺伝子組み換えの原料が使われていないことが前提条件です。

そのため、オーガニックのドッグフードとは、原材料自体が科学的な薬品などを使用して栽培されていない、安全なドッグフードであることを証明するものになります。

2.無添加とは製造段階で人工添加物を一切使っていないこと

オーガニックは、材料の生産自体に科学的な薬品を使用していないことを指しているものですが、無添加とはドッグフードを製造する上で人工添加物を一切使用せずに作った場合に使われる言葉です。

つまり、美味しく見せる着色料や匂いを後から付ける香料などの人工添加物を使用せずに、素材そのままの状態で製造されるドッグフードのことを無添加ドッグフードということになります。

二つの違いは、素材を生産する際に科学的な薬品を使用していないか、製造の際に人工添加物を使用していないかの違いがあるのです。

どちらも愛犬が健康的に過ごしていくためには、重要なポイントになるので、オーガニックでありながら、無添加のドッグフードを探して与えてあげるようにしましょう。

まとめ

オーガニックのドッグフードは、犬の健康を保つために、大きな役割を持っているものなので、今回紹介したドッグフードを参考に、愛犬と相性のいいドッグフードを探してみてください。

また、無添加とオーガニックでは意味合いが違うので、購入する際に混同しないように、前もって理解しておくことが重要です。

それだけでなく、素材にこだわっているのであれば、グレインフリーで穀物が入っていないドッグフードの方が消化不良やアレルギー症状も発生しないので、おすすめになります。

愛犬の好みもあるので、食いつきがよく、それでいて健康的なドッグフードを探してみて、愛犬の成長を見守ってあげてください。