犬種や大きさ別

小型犬用のドッグフードを選ぶ基準とは?おすすめ商品も紹介!

小型犬用におすすめのドッグフード
編集長
編集長

こんにちは!「美味しいドッグフード」編集長のサトミです!

今回は、多くの人が一緒に生活している事が多い、小型犬用のドッグフードについてお話していこうと思います。

小型犬は比較的運動量も多く、室内飼いをしている方がほとんどだと思います。さらに大型犬と比べると、長寿命ということもあり、健康的に長生きしてほしいですよね!

では、どんなドッグフードを与えると健康をサポートしてくれるのか?など選び方やおすすめのフードもランキング形式でご紹介したいと思いますので参考にしてくださいね♪

3つのポイントで小型犬用ドッグフードを選ぼう!

そもそも、体が小さい小型犬には、どんなドッグフードを選んであげることが幸せなのでしょうか・・・?様々な情報があるので「具体的な基準は?」と悩んでしまう方も多いですよね!そこで、小型犬用ドッグフードの選び方を3つのポイントを解説します!

1、絶対外せない!総合栄養食のドッグフードを選ぼう!

犬に与えるものには、総合栄養食・おやつ・療法食とあります。おやつやふりかけなどは、主食にできない食べ物で栄養価が低いですよね!また、療法食は、病気など獣医師の判断で治療を目的とした食事です。

総合栄養食とは、おやつや療法食以外で「ドッグフードと水があれば健康維持をサポートできる」と言われている食事で栄養バランスが良いのが特徴です。

この総合栄養食とは、基準が定められているので、犬にとってベストな栄養を補えるように認定されています。なので「総合栄養食」と表示することが可能なドッグフードは、定められた基準に沿って製造されているので、総合的に栄養を吸収できると考えてもらえば大丈夫です。

「中型犬や大型犬の場合は違う種類の選び方があるの?」という質問がありましたので回答しますね!小型犬・中型犬・大型犬に限らず、どんな犬に対しても「総合栄養食」のドッグフードを選ぶ事が大切です!

獣医さんに食事療法食を勧められている場合は、指示に従ってくださいね。

2、新鮮な肉類を使ったドッグフードを選ぼう!

犬の先祖はオオカミという事はみなさんもご存知だと思います!

犬は肉食動物なので、穀物などを消化する為に必要なアミラーゼという酵素が非常に少なく、肉を主原料に使用しているドッグフードの方が、消化吸収が良いですね!

肉食と言っても、毎日の狩りで肉ばかり食べていたのかというと疑問もありますが、犬の体の構造自体が「穀物より肉類」となっています。

なので、新鮮な肉を主原料に使用しているドッグフードが好ましく、かさ増しで使われている穀物が豊富なドッグフードの場合、消化不良を引き起こしてしまう恐れがあります。

小型犬は、身体も内臓も小さいので、穀物など消化器官に負担がかかってしまう食材だったら、アレルギーを引き起こしたら体調を崩してしまうリスクがあります。

消化期間に負担をかけないためにも、主原料は新鮮な肉を使用しているドッグフードを選んであげましょう!

3、良質な脂肪分が含まれているドッグフードを選ぼう!

犬にとって元気に動き回るためにも必要な栄養素である脂肪。その中でも比較的、質の高い脂肪でないと、犬の体調不良を引き起こす可能性があるため、原材料はしっかり確認しておくことが重要です。

基本的には原材料の欄の記載は「動物油脂」と表示されていることが多いでしょう。しかし、動物性油脂は犬の食欲をそそる反面、酸化しやすく、何の油が使用されているかハッキリわからないという欠点があります。

原材料の欄に「サーモンオイル」や「チキンオイル」といった内容で、脂肪分の詳細まで記載されていることが、質の高い脂肪分を見極める方法なので、原材料の欄はちゃんとチェックしておくことが重要です。

小型犬用ドッグフードを選ぶ上での注意点

小型犬は体が小さい分、食べるドッグフードによって与えられる影響が強く出てしまうことから、慎重に選ぶ必要があります。

小型犬用ドッグフードを選ぶ上での注意点を解説していくので、参考にしてみてください。

1.穀物が入っていると消化不良を引き起こす

犬は肉食であることから、穀物がドッグフードに入っていると十分な消化ができずに、消化不良を引き起こしてしまう恐れがあります。

ドッグフードの中には、量を増やすためにトウモロコシや小麦といった穀物が配合されていることがあるのですが、犬は穀物を分解してくれるアミラーゼという酵素が少ないため、穀物が体内に入ると消化し切れずに体調を崩してしまう可能性があるので注意が必要です。

小型犬用ドッグフードを選ぶ上では、穀物が含まれていないグレインフリーを選択するようにしましょう。

2.人工添加物の有無

小型犬用ドッグフードを選択する時の注意点として、原材料の中に人工添加物が入っているか確認をしておくことが重要です。

犬にとって必要のない香料や着色料といった人工添加物は、小型犬が食べるとアレルギーの原因や体調不良の原因になってしまうので、可能であれば無添加のドッグフードを選ぶようにしましょう。

また酸化防止剤も、ドッグフードが劣化しないためには大切なものですが、人工添加物ではなく、天然の酸化防止剤が使われているドッグフードがおすすめです。

3.使用されている肉の質には注意

ドッグフードに記載されている原材料に、肉の割合が多くても肉の質が悪いと、犬の体調不良に繋がってしまう恐れがあるので注意が必要です。

市販のドッグフードでは、原材料の表示に「〇〇ミール」、「〇〇副産物」といった記載があります。これは単純に肉だけでなく、羽や皮、排泄物まで一緒に加工されている可能性があるので、犬に与え続けると、アレルギーや体調不良の原因になってしまうことがあるのです。

また「4Dミート」と言われる、病気や死んだ動物の肉などが原材料として使用されているドッグフードも多いので、原材料の記載を確認して、肉の質に問題がないか見極めることが愛犬の健康のためにも重要になります。

小型犬におすすめのドッグフード

小型犬用のドッグフードをいくつか紹介しましたが、具体的にどんなドッグフードがおすすめなのか、知りたいという方も多いはずです。

そんな方のために、小型犬におすすめのドッグフードを紹介していくので、何を購入しようか悩んでいる方であれば、参考にしてみてください。

1.ナチュロルドッグフード

カナダ産のチキンやニシンが使用されている肉の質がいいドッグフードで、「ペットフード・オブ・ザ・イヤー」を3年連続で受賞している人気の小型犬におすすめの商品です。

カナダはペットのためにドッグフードの開発が進んでいて、作られる商品は高品質のものがほとんどになります。そんなカナダの専門機関で認定を受けている、確かな品質のドッグフードなので、安全性が高いのが特徴です。

犬にとって重要な動物性たんぱく質の割合が、原材料の中で80%もあることから、運動量の多い小型犬にもおすすめできるドッグフードとなっています。

2.いぬはぐドッグフード

肉には高品質のチキンが使われていて、原材料の60%の割合で配合されています。しかも骨なしチキンが使用されているため、肉の部分が非常に多く、たんぱく質が豊富に含まれている素材であることもおすすめポイントです。

またサイズ感も小粒であることから、口が小さい小型犬でもしっかり噛んで食べることができるのも、小型犬用のドッグフードとしての魅力になります。

チキンの香りが愛犬の食欲をそそり、カナガンを与えることで食いつきがよくなったと口コミでも話題になっているのも特徴です。

3.ドクターケアワン

高たんぱく低カロリーであるラム肉が使用されていて、原材料の55%の割合で配合されています。肥満気味の犬にもおすすめできるドッグフードなので、愛犬の体調が心配と考えている方は一度試してみるといいでしょう。

このドッグフードに使用されている原材料は、11種類で構成されていて、どれも天然由来成分で配合されているため、犬にとって安心・安全であることが魅力です。

健康や体調管理をしっかり行っていきたいと考えている方には、特におすすめのドッグフードといえるでしょう。

カークランド小型犬用って量が多すぎて腐らない?

コストコでお馴染みのカークランド小型犬用は、量が多く入っているので非常にコスパが安く人気のあるドッグフードですよね!

メーカーの給餌量は小型犬に適正な量なの?

 

まとめ

体が小さい小型犬は、脂肪分が多いドッグフードを食べてしまうと、肥満になってしまう恐れがあります。そのため、基本的には高たんぱくで低カロリーのドッグフードを与えるようにしましょう。

また小型犬に限らず、全ての犬に対してもいえることですが、ドッグフードに使用されている肉は、品質のいいもので、原材料には人工添加物が入っていないものを選択することが重要です。

小型犬に合っているドッグフードがわからない場合は、おすすめのドッグフードを参考に、好みを見極めていくことをおすすめします。