トイプードル

【トイプードルの散歩の注意点!】時間・頻度・距離ってどれくらい?

トイプードルの散歩の時間・回数・距離を徹底解説!

トイプードルは室内犬なので、多くの飼い主さんは散歩をしなくてもいい犬種で楽チン!と思うかもしれません。

しかし、トイプードルは動き回るのが大好きな犬種です。

ずっと家の中で過ごしているとストレスがたまってしまうこともあります。なので、散歩はしっかりと連れていくこと。

今回は、トイプードルの散歩の時間や頻度などについてご紹介します。

トイプードルの散歩時間はどのくらいがいいの?

成犬のトイプードルであれば、1回あたりの散歩はおよそ40-60分が目安です。もちろん愛犬にもよりますし、その日の体調や愛犬の年齢にもよります。

なので、場合によっては子の時間よりも短くてもかまいません。子犬の場合は、まずは1回10分ほどの散歩から始めてみましょう。

最初から40分以上の散歩だと、愛犬が疲れてしまいますし、関節などを痛めてしまうこともあります。

トイプードルの散歩の回数は?

トイプードルの散歩は、1日に2回がベストです。

もし忙しくて散歩の時間がしっかりととれない…というときは、1回の散歩を長くするのではなく、時間を短くして回数をわけてあげましょう。

あまり散歩の時間にこだわらず、質のいい散歩をしてあげること。そうすると、愛犬も満足します。

トイプードルの散歩に良く時間は決めないこと!

散歩の時間を決めている飼い主さんも多いですが、できれば散歩の時間は決めない方がいいでしょう。その理由は、決まった時間に散歩がいけないとなると、愛犬がストレスを感じてしまうからです。

また、朝や昼、夜など時間の違うときに散歩をした方が、愛犬も楽しむことができます。外の温度や雰囲気などが変わるので、いい刺激となるのです。

トイプードルの散歩の頻度は?

トイプードルの散歩は、できるだけ毎日してあげましょう。

上記でも述べたように、トイプードルは動き回ることが大好きな犬種です。もともと狩猟犬だったため、多くの運動量が必要なのです。

毎日散歩に連れていってあげることで、愛犬のストレス解消になります。また、適量の太陽の光を浴びることで、病気の予防にもなります。

もちろん、雨などで天候が悪い日や愛犬の体調が悪い時などは無理はしないこと。そんな時は、家でたっぷり遊べるようにしてあげましょう。

トイプードルの散歩の距離は?

トイプードルの散歩の距離は、1回の散歩で1-2㎞ほどがベストだと言われています。これは、1日に2回散歩をする場合です。

ただし、愛犬がのんびり歩いている場合と早歩きの場合とでは同じ距離でも運動量が異なります。そのため、愛犬の歩くペースに合わせて距離の長さを変えましょう。

トイプードルの満足度が上がる散歩とは?

 

1.トイプードルが飽きないように散歩コースをたまに変える

これは、どの犬種でもいえることですが、散歩コースをたまに変えると愛犬は喜んでくれます。

いつもと違う道を歩くことで、新しい発見があり、いい刺激を体験できるからです。

愛犬のワクワクとドキドキが高まるでしょう。

2.遊びの時間を作ってあげる

散歩をしているときに、公園などで遊べる場所があったら、たっぷりと遊ばせてあげましょう。ボールなどで、愛犬と一緒に遊んであげるのがおすすめです。

トイプードルの散歩デビューはいつがいい?

トイプードルの散歩デビューは、生後6ヵ月頃がいいと言われています。それまでは、愛犬を抱っこして家の周りを歩いてみたり、家の庭などで遊ばせてあげましょう。

生後6ヵ月未満だと、まだ犬は社会秩序を理解できていません。

他にも、飼い主との主従関係が理解できていなかったり、骨や関節が未発達だったり、全てのワクチンがまだ済んでいなかったりすることでしょう。

このような理由があるため、生後6ヵ月未満では散歩デビューは控えたほうがいいのです。

もし、ワクチンが3回とも済んでいないと、外で散歩をしたときに皮膚病や感染症にかかってしまうことがあります。

愛犬を守るのは飼い主さんの務めなので気をつけましょう。

トイプードルが散歩中に吠える原因とは?

トイプードルは、基本的に人に対してはあまり吠えません。しかし、他の犬に対して吠えることはあるでしょう。散歩中に愛犬が吠える理由には、以下の理由があります。

  • 警戒している
  • 一緒に遊びたい
  • 怖い

愛犬が他の犬と遊びたいから吠えている場合は、簡単に治ります。散歩の回数を少しずつ増やしていって、他の犬と触れ合うきかいを増やすと慣れてくるはずです。

怖くて吠えている場合は、できるだけ怖いと感じているものから離れてあげること。慣れさせようと無理に近づけるのはいけません。逆効果となるので、気をつけましょう。

一番やっかいなのが、警戒心から吠えていること。これは、まず愛犬が落ち着かないといけません。次の対策法をチェックしてみましょう。

トイプードルが警戒心から吠える時の対策法

愛犬が吠えているのをやめさせるには、まずは愛犬が飼い主さんをリーダーとして認識していないといけません。そのため、散歩中であっても、しつけの基本である「まて」や「おすわり」ができるようにしておきましょう。

そして、警戒しているものが近づいてきたら、愛犬が吠える前に「まて」や「おすわり」と指示を出します。愛犬が落ち着くようにしましょう。

そして、愛犬が落ち着いている間に対象物が通過したら、たっぷりと褒めてあげること。ご褒美のおやつをあげるのもいいでしょう。これを何度も繰り返すことで、愛犬は落ち着いていればおやつがもらえる!と学びます。

トイプードルが怖がって歩かない時の対処法は?

散歩をしているときに、何かに怖がって歩かなくなることってありますよね。何かに怖がっているときは、無理に歩かせる必要はありません。ルートを変えてあげるだけで、すんなりと歩き出すはずです。

もし、愛犬が何に怖がっているような様子であれば、まずは何に怖がっているのかを観察しましょう。そして、怖がっている対象物が近づいてきたら、距離をとってあげること。

よっぽど動かないようであれば、飼い主さんの方に引っ張ってみたり、抱っこしてあげると落ち着くはずです。もし、愛犬が全然落ち着かないようであれば、「まて」や「おすわり」という指示を出すこと。

散歩中に吠えるときの対策法と同じことをします。そして、愛犬が落ち着くまで待ってあげること。怖がっているものが通りすぎたら、たっぷりと褒めてご褒美としておやつをあげましょう。

まとめ

トイプードルは、小柄ですが元気いっぱいの狩猟犬です。

運動量がたくさん必要なので、生後6ヵ月を過ぎたら、早速お散歩デビューをしてあげましょう。毎日少しずつ外に連れ出してあげることで、いろんな人と犬に出会い、社会を学んでいきます。

社会性を育むことは、トイプードルにとってはとても大事。トリミングの頻度が多いため、落ち着きや怖がり、吠えることを我慢できないと、サロンから断られることもあります。

そうならないためにも、散歩デビューの際には、しっかりとしつけをしていきましょう。